So-net無料ブログ作成
高校野球 ブログトップ

光星学院野球部メンバー 出身中学 2012 [高校野球]

光星学院野球部メンバーの出身中学を2012年に関して、
調べてみました。
光星学院は、学校法人光星学院が運営している高校です。
所在地は、青森県八戸市ですね。
大学、短期大学、高等学校、幼稚園を運営していています。
光星学院高等学校が設立されたのが1956年で、
2000年には、野球部が甲子園夏の大会で
初のベスト4に進出しています。
2011年、2012年の2季連続で
春の甲子園大会で準優勝しています。
現在かいさいされている夏の甲子園大会でも
勝ち進んでおり、
2回戦で石川の遊学館に4対0、
3回戦で鹿児島の神村学園に9対4で勝ち
準々決勝に進出しています。
青森県代表の光星学院が
ここ2、3年で目立った成績を残していることで
野球部メンバーの出身中学まで
注目を集めているようです。
光星学院野球部メンバーの出身中学は、
18人のメンバーのうち
9人が大阪府を中心にした関西出身者です。
青森県出身は、4人で
その他の東北出身が3人、
神奈川県や沖縄県の出身者も含まれています。
光星学院野球部メンバーも明らかに
他県の中学出身が多いですね。
こういった傾向は、今に始まったことではなく、
以前からありました。
高校野球だけでなく、
駅伝やサッカー、ゴルフでも例があります。
特に大阪府を中心とした関西の選手が
全国各地の高校に進学するケースが多いようです。
ダルビッシュ有は、大阪府羽曳野市出身で
東北高校で甲子園出場を果たしています。
宮里藍は、沖縄県出身で、
ダルビッシュと同じ東北高校に進学しました。
このように
甲子園大会が、昔と様相が違ってきたことに
批判的な声もありますが、
そういったことに、こだわっていると
高校野球のようなスポーツだけでなく
学問の世界でも日本は、
世界から取り残されるような気がします。
中学生生の時から自分の将来を考えて高校を選ぶというのは、
人生のひとつの戦略で悪いことではありません。
あの三浦知良だってブラジルに渡って
サッカーの修行をしたのですから。
大成した人物は、若いうちに
そういう思い切った行動にでています。
自立するという面でも
光星学院のようなシステムに
賛成します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
高校野球 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。